商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中身
カートの中身を見る
店主のコーナー
〜店長日記〜
店長日記には、美味しいお話や地元のお話など、盛りだくさんです!是非ご覧ください♪
店長ブログはこちら
RSS ATOM
会社概要




【宮地ハム案内】

 北部九州の福岡県と長崎県に挟まれた佐賀県の西部に位置し、武雄市は温泉陶芸のふる里と言われております。

自然が美しい街で樹齢約3,000年と言われる川古の大楠や一目100万本の梅林や桜の名所があります。

ここ武雄市橘町に1947年創業して以来、お客様に喜ばれるハム、美味しさを追求し、また守り続けております。
少しではありますが、佐賀県武雄市についての紹介もしておりますので、ご覧下さい。

 >>佐賀県武雄市について


 
【宮地ハムより】

自然豊かな大地で育った地元若木の《若楠ポーク》をはじめ、佐賀県産及び国内産の豚肉だけにこだわり、
良い肉質の豚肉だけを厳選しながら、ハムやベーコンに最適な材料を使用しています。

塩漬けと熟成期間を商品ごとに各期間を変え、充分に熟成させて素材の旨味を充分に生かすように作り上げています。

また、添加物の使用を最小限におさえ安全な商品作りを目指しております。

これからも皆様の声を聞き入れながら、より一層良いもの・美味しいものを作り上げていくように、社員一同努力して参ります。

--------------------------------------------------------------------------------
あまり詳しくお見せすることはできませんが、ハム製造工程です。
必要最低限の添加物使用にしたり、ドイツ製のスモークチップを使用したりと多くのこだわりを持って商品作りに励んでおります。

 
     
 




【宮地ハムの歴史】

昭和23年4月、佐賀県武雄市橘町に『宮地ハム製造所』を祖父の代に設立した。

当時は食肉の国内需要は非常に少なく、一般家庭においても、食肉やその加工品は、贅沢品の部類に入っていた。
その為、ハム・ソーセージの製造は手造りであり、品質の管理についてはより一層の努力をした。

昭和40年代になって、食肉の需要が増えてくるとともに、食品衛生の見地から製造設備について施設の増設・改善などの投資を増やしてきた。

昭和50年代になると、アメリカ・オーストラリア等からの輸入食肉量が急増してきた。食肉の輸入自由化は、国産生産体制の見直しを迫られることになったが、
消費者側の観点からから見れば歓迎されるものだろう。当社も、この時期に近代的な設備を併用した建物や、自動操作が可能な機械に取り替えてコストダウンを計った。

最近になって、食肉加工品の消費量が減少している。当社も、採算と効率に重点をおいた近代的なメリットのある経営を目指していきながらも、消費者のニーズに応えていき、
ご愛顧賜る様に頑張っていきたいと思います。

≪本文は、小城町 鍋島八郎様からの紹介文です。≫


【会社案内】

宮地ハム株式会社
〒843-0024
 佐賀県武雄市武雄町大字富岡12185
 TEL:0954-22-4181(代)
 FAX:0954-23-5702
 E-mail:miyachi@eos.ocn.ne.jp



大きな地図で見る



特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ


宮地ハム株式会社
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字富岡12185
TEL:0954-22-4181(代) FAX:0954-23-5702
◆電話受付: 平日 8時00〜17時30分  土曜 8時00〜18時00分
◆休日:日曜・祝日