商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中身
カートの中身を見る
店主のコーナー
〜店長日記〜
店長日記には、美味しいお話や地元のお話など、盛りだくさんです!是非ご覧ください♪
店長ブログはこちら
RSS ATOM
佐賀県武雄市について


「宮地ハム」のある佐賀県武雄市について紹介したいと思います。


武雄市は武雄温泉が有名な街で名所も数多くあります。

そんな名所を少しずつではありますが、写真とともに紹介していければと思っています。


また、お近くに来られた際は、弊社にもお気軽にお尋ね下さい。

宮地ハムの情報はコチラ ⇒ 会社案内


--------------------------------------------------------------------------------

●世界一の登り窯 「飛龍窯」



武内町黒牟田地区に、陶芸の里武雄の拠点として作られた「飛龍窯」は世界最大の容積(奥行き8.9m、幅3.8m、長さ23m)を誇り、
全長23mで一度に12万個の湯飲みを焼くことができます。

そのほかに公園内には貸し出し可能な「向窯」や、絵付けやろくろの体験が出来る工房などもあります。

住所:武雄市武内町真手野24001-1
TEL:0954-27-3383

--------------------------------------------------------------------------------

●武雄温泉楼門(国指定重要文化)

透明で柔らかな湯ざわりが特徴の武雄温泉は1300年も前に書かれた「肥前風土記」の中に 「郡の西の方に
温泉の出る巌(いわや)あり、・・・」と記された、歴史ある温泉で、 古くは神功皇后も入浴されたと伝えられています。

また、文禄・慶長の役の際、名護屋城に集められた多数の兵士が武雄温泉を訪れますが、 兵士に対し、他の入浴客に
迷惑をかけないようにと、豊臣秀吉が示した朱印状「入浴心得」が残されています。

江戸時代には、長崎街道の宿場町として栄え、歴史上名高い宮本武蔵や シーボルト、伊達政宗や伊能忠敬などが
入浴した記録も残されています。

温泉の入口に立つ朱塗りの楼門、竜宮を連想させる鮮やかな色彩と形で、天平式楼門と呼ばれ釘一本も使用して
いない建築物です。

平成15年3月に復原された武雄温泉新館と楼門は東京駅を設計した辰野金吾博士の設計で、大正4年に建てられました。

平成17年 7月22日に国の重要文化財に指定されました。

泉源の泉質はさまざまな成分が程よく入った弱アルカリ単純泉保温性に優れ、美肌をつくる泉質として有名です。

--------------------------------------------------------------------------------

●川古大楠



樹齢3000年を越えると言われる川古の大楠。

樹高25m、枝張りは、東西・南北27m、幹回り21m、根回り33mもある全国第5位の巨木です。
本幹は空洞化し、稲荷の石碑が建てられています。

奈良時代には、名僧行基が訪れ、大楠の一部に観音像を刻み、その頭部には観音像をはめこんだと伝えられています。
現在は新たな堂に安置されています。国の天然記念物に指定されてます。

周囲には水車、カラクリ人形館などを備えた大楠公園になっており、この水車で精米された米は大楠水車米として販売されております。

住所:武雄市若木町皿宿 川古の大楠公園内7

--------------------------------------------------------------------------------
できる限り時間を見つけて、武雄市の紹介をしていきたいと思います。
その他にも多くの観光名所がありますので、下記URLを参考にして、是非お越し下さい。

◆武雄市のHP:http://city.takeo.lg.jp/
◆武雄市観光協会のHP:http://takeo-kk.net/
◆武雄商工会議所:http://www.takeonet.ne.jp/



特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ


宮地ハム株式会社
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字富岡12185
TEL:0954-22-4181(代) FAX:0954-23-5702
◆電話受付: 平日 8時00〜17時30分  土曜 8時00〜18時00分
◆休日:日曜・祝日